So-net無料ブログ作成

500系 [鉄道]



ついに、と言うかようやく、と言うか、500系W編成(16両編成ね)引退だそうです。
まぁ、確かに未来的なデザインでカッコイイですよね~。子供にも人気だし。ついでに言うと鉄道マニアにも人気です。
でも実際乗ってみると、
1.車体が円筒断面
 →窓際の席では天井が低く圧迫感がある。足下も狭くてあまり足を伸ばせない。

2.先頭車のノーズが長い
 →1号車博多方、16号車東京方にデッキ&側引戸が無い。のぞみでは1~3号車の3両しかない自由席。さらにそのうち2両のみの禁煙車の1両で片側デッキとなるので乗り降りに時間がかかる&デッキが混む。

というように、快適性という面ではどうしても劣ってしまいます。
外観デザインをあまり重視しない、普通のお客様にとってはメリットはあまり無いわけです。

さらに運転士の立場から見ると、
1.加速が300系並にショボい
 →速度照査式添線式停止制御装置(速照03)のために加速度を殺している事も理由の一つとは思いますが。それにしてもフルノッチ(13ノッチ)を入れてもなかなかスピードが上がらないので、回復運転が難しいのです。

2.500系だけブレーキハンドルがマスコンのように前後に動かすタイプなので、停車時、ブレーキ試験時等に非常に違和感がある。
 →「あれ、どっちが運転位置だっけ?」とか、ハンドル投入(ブレーキハンドルを抜取位置から非常位置に入れること)時に「あれ、投入するときはハンドル引くので良かったっけ?」っていうことが起こったりします。

3.500系だけ停止位置目標が手前
 →ほかの16両編成の車両は基本的に×(共通)か16(16両)に合わせれば良いのですが、500系のWはその手前にあります。うっかり×とか16に合わせてしまうと、停止位置不良で後退しないといけなくなる恐れが…

4.スイッチなど機器配置が特殊
 →ほかの車両では指令電話が運転席左下にあるのに500系だけ右下、とか、ほかの車両ではパンタ上昇スイッチやVCB入りスイッチなどのスイッチが左後ろにあるのに500系だけ右前、とか、ほかの車両では運転情報表示装置用ICカード挿入口が運転席から手の届く位置にあるのに500系だけ右の一番遠い角のところにある、とか、ほかの車両だとモニタ装置が運転情報表示装置と並んで右側にあるのに500系だけ左側にある、等々機器配置が特殊だが、習熟しようにも編成が少なくて乗務する機会が少ないためなかなかできません。

5.定ノッチ運転ができない
 →ほかの車両では勾配に応じてあるノッチに入れておけばほぼ一定の速度を維持でき(0‰では700系なら8ノッチ入れておけば約260km/hとか)、巡航状態では大抵これを使って運転します。しかし500系の場合、高速域では1~9ノッチすべてが10ノッチ相当の引っ張り力となり、1ノッチ入れるだけで260km/h代からでも加速してしまいます。よって、マスコンのON/OFFを繰り返さないと一定速度を維持できないのです。どうしても前後加速度変化が発生するため、乗り心地が低下しますし、蛇行時にはモーター継手からの騒音が発生してしまいます。

6.夏、暑い
 →戦闘機のコックピットのように、運転席の真上を除いた両サイドまでほぼガラスなため、中は温室のようになってしまいます。冷房を入れてもなかなか冷えず大変です。

7.スプリンクラーで散水していると前がほとんど見えない
 →冬、雪の舞い上がり防止のためスプリンクラーで散水している事がありますが、500系は運転席が低いため、水が前面ガラスにもろにかかり、その区間ではほとんど前が見えなくなってしまいます。新幹線では運転士の常時前方注視義務はないのでまぁ、良いと言えば良いんですが、キロポストも見られないので不安ですね。

といった感じで、500系は不便なところばかりが目についてしまうのです。ほかにもATC確認スイッチが押しにくいとか、細かな短所は色々あります。
それでも「カッコイイ」と言うだけで人気はあり、注目されるので気分は良いのですが、言ってしまえばそれだけですね。

これからは8両編成にぶった切られてW編成からV編成に変わり、こだま号として活躍するようです。ちなみにWを半分の両数にしたのでVになったともっぱらの噂。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 2

oni2

研究室の後輩のS氏いわく、他の系と座席数が違うからしR束海的には
廃止したいんだ!って話でしたが、他にも色々と理由があるんですなぁ。
by oni2 (2009-10-27 12:25) 

Hatchori

>oni2さん
一番の理由は座席数の違いと先頭車の先頭側ドア無しでしょうね。これのせいで車両故障などが発生した際の車両交換が自由にできないので、運用上大変なのです。
500系を追い出すために、500系を上回る性能のN700系(山陽区間で300km/hで走行可能で、東海道区間でもスピードアップ)が開発されたという面は多分にあるでしょう。
by Hatchori (2009-12-26 05:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。