So-net無料ブログ作成

続:UJ-831B 換装記 [買い物]

以前アップして以来、非常に多くの方に閲覧して頂いているUJ-831B 換装記という記事があります。
当時はUJ-831Bのネジが固く、蓋が外れなかったため、アルミ箔によって45番ピンと47番ピンをショートさせるという荒技でdynabook C9に認識されるように細工をしていたのですが、その後2~3回ほど、いきなりCD-ROMを認識しなくなり、光学ドライブを引っこ抜いてみると案の定アルミ箔がずれていて、それを直してまた取り付けると言う事をしなければいけませんでした。
根本的にこれを解決するには、45番ピンと47番ピンを半田付けでショートさせてやる事が必要です。
先日(と言ってももう1年以上前ですが)試しにUJ-831Bの蓋を外してみたところ、うまく取れましたので、半田付けを行いました。その様子をアップしておきますね。

光学ドライブの取り外し方や、そもそも何故45,47番ピンをショートさせるのかについてはUJ-831B 換装記を参照してください。
DSCN2332s.jpg
UJ-831Bが本体から外れたら、まずはネジを外して蓋を開けます。ネジは3カ所です。ネジ頭を潰さないように注意。

DSCN2327s.jpg
ふたが外れるとこのような感じです。左上がコネクタですね。

DSCN2325s.jpg
こちらから見ると、一番右が49番ピン、一番左が1番ピンです。ショートさせるのは45番ピンと47番ピンなので、右から2番目と3番目と言う事になります。
どこでくっつけてもいいのですが、1番下の基板と半田付けされている部分でつなぐのが一番やりやすいと思いますので、今回はそこで半田付けしました。

DSCN2326s.jpg
このように、半田を45番ピンと47番ピンの間をブリッジするように盛りました。誤ってほかのピンまでブリッジしないように気を付けます。ちょっとコネクタに半田ごてが当たって一部溶けましたが、まあ、問題はなさそうです。テスターでチェックしてもちゃんと45番-47番ピン間の導通が確認できました。

DSCN2333s.jpg
後は元通りに蓋を閉めて、3つのネジを締めれば完了です。
あ、アルミ箔はもう要りませんので、当然剥がしておきます。

蓋さえ開けば意外と楽にできる事がお分かりいただけたでしょうか。半田付けの方が確実ですから、できるだけこちらでショートを行う事をおすすめします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。